ページの本文へ

目の病気 目の病気の原因や症状、治療法などを解りやすく説明いたします。

白内障

目の中にある水晶体というレンズが白く濁って、少しずつ見え方が悪くなる病気です。水晶体が濁る原因は昔から研究されてはいるのですが、現在でもはっきりしていません。また、白内障の種類によっても異なっています。

白内障の種類

老人白内障

最も多い白内障で、ちょうど白髪がでてくるのと同じように、水晶体の混濁が老化現象としておこってくるものです。進み方は人によってまちまちで、比較的早く進む人も、ほとんど進まない人もいます。左右の進み方が違うこともあります。

先天白内障

生まれたときからの白内障です。混濁の多くは部分的で、そのまま進まないものもあります。原因不明のものが多いのですが、遺伝性の病気があったり、妊娠中に風疹にかかった場合に出たり、他の目の病気を合併していることもあります。

アトピー性白内障

アトピー性皮膚炎の人におこることがあります。

ステロイド性白内障

いろいろな病気の治療のために、長い間ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)を使用した時におこることがあります。

併発白内障

他の目の病気(ぶどう膜炎、緑内障、網膜剥離、網膜色素変性症など)に余病としておこることがあります。

その他

目の怪我でおこる外傷性白内障、放射線をあびることでおこる放射線性白内障、糖尿病の人におこる糖尿病性白内障などがあります。

白内障の症状

白内障の写真一番多い老人白内障については、初期で混濁が水晶体のはじの方にあると、自覚症状はほとんどありません。少し進んでくるとまぶしい、何となくはっきり見えないなどの症状が出てきます。さらに進んで混濁が中央の方へきますと、ぼけてしまって物が見にくい、などの症状が出ます。もっと進んで、瞳を外からみて白濁しているのがわかるようになると、かなりなものです。

白内障の治療

白内障の進行をおさえるため点眼薬や内服薬を使いますが、効果はあまり期待しないでください。混濁が進んで日常生活が不自由になってくると、手術を行います。不自由の基準は各人で違いますから、当然手術の時期も異なります。視力低下の原因が白内障だけで、他に目の病気がないときは良い視力を取り戻すことが出来ますので、手遅れを心配する必要はありません。先天白内障では放置しておくことも多いのですが、場合によっては早く手術をしないと良い視力は出ません。

白内障の手術

眼内レンズの写真現在は、非常に精密な顕微鏡による手術になりました。手術後の安静もほとんど不要になり、手術を受ける側には楽になったと言えます。手術の方法は混濁した水晶体を摘出し、人工の眼内レンズを挿入固定します。目に他の合併症、例えば糖尿病による網膜症の程度、緑内障の程度、その他によって入れられない場合があります。また、手術時の様子によっては入れないこともあります。

多焦点眼内レンズについて

白内障手術では、濁った水晶体を取り除き、眼内に人工のレンズを入れますが、現在一般的に使われているのは単焦点レンズです。遠くの景色にピントが合うように眼内レンズの度数を選んだ場合は、手元を見る時には眼鏡が必要になります。逆に、手元にピントが合うように度数を選んだ場合は、遠くの景色を見る時に眼鏡が必要になります。これはいわゆる老眼が進んだ状態ですが、白内障の方の大半は高齢者で、すでに老眼に慣れており、手術後も違和感が無いことが多いです。

一方、多焦点レンズを眼内に入れた場合、単焦点レンズと違い、眼鏡をかけなくても遠くの景色にも手元にもピントが合いやすくなります。では、多焦点レンズは夢のような素晴らしいレンズで、単焦点レンズは今後使われなくなるのでしょうか?どうやらそうではないようです。単焦点レンズを眼内に入れ、眼鏡を適切に合わせた場合の完璧な見え具合を、残念ながら多焦点レンズでは実現できません。あくまでも、「見え具合はそこそこで良いから、とにかく眼鏡を使う頻度を減らしたい。」と思われる方にのみ適したレンズなのです。

また、以下の方にはおすすめできません。

  • 乱視が強い方:眼鏡をかけないと視力が出ません。
  • 近視の方:手元がはっきり見えることに慣れており、多焦点眼内レンズでは再現が困難です。
  • 夜間の運転が多い方:ヘッドライト等がにじんで見づらくなります。
  • 白内障以外の目の病気がある方
  • 医師やスタッフの説明を理解できない方
多焦点眼内レンズを用いた白内障手術費用平成30年8月1日改定
片眼 税込 450,000円
両眼 税込 900,000円
当院は、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を、先進医療として行う施設基準を満たしている医療機関です。手術・眼内レンズの代金は自費負担となりますが、それ以外の診療費等につきましては、健康保険が適用されます。先進医療について(こちらをクリックすると厚生労働省のホームページをご覧いただけます。)

手術後の注意点

手術後は細かいところを見ようとすると、普通は眼鏡が必要になることを知っておいてください。白内障は手術をすれば再発することはありませんが、眼内レンズを支える為に残す薄い膜が濁り、視力が低下することがあります(後発白内障)。これは外来の簡単な処置で、割と簡単に視力を回復させることができます。稀ですが合併症として緑内障、網膜剥離、網膜黄斑(おうはん)浮腫などがおこることがあります。異常を感じたときはもちろんですが、何ともなくても定期的に検査を受けることが必要です。

大塚眼科病院より

白内障にかかると目がだんだんかすんできますが、突然失明することはなく、手術で視力を取り戻すことが出来ますので、心配することはありません。しかし、目のかすむ病気は白内障以外にも数多くあります。定期的に検査を受け、変わったことがあれば早く眼科を受診して正しい処置を受けましょう。

ページのトップへ戻る